オールデン990のプレメンテナンスをしました。

手順
スポンサーリンク

どうも、まる男です。
先日購入した、オールデン990(アッパーがコードバン革の外羽根式プレーントゥ、色はダークバーガンディ)を履きおろしする前に、プレメンテナンスをしましたので、ご報告したいと思います。

(1)道具を用意する

オールデン990のプレメンテナンスの道具は以下の通りです。

a.シューツリー
b.馬毛ブラシ(チリ・ホコリ落とし用)
c.クリーナー
d.ウェス
e.デリケートクリーム
(今回はシュプリームクリームデラックス)
f.ペネトレイトブラシ(馬毛)
g.コードバン用靴クリーム
h.馬毛ブラシ(クリーム馴染ませ用)
i.グローブクロス

ほとんど、通常の靴磨きと同じ道具ですが、オールデン990は初めてのコードバン革なので、新調した道具もあります。
f.ペネトレイトブラシ(馬毛)、g.コードバン用靴クリーム、h.馬毛ブラシ(クリーム馴染ませ用)とi.グローブクロスを新調しました。

(2)靴紐をはずす

オールデン990から靴紐をはずします。
まる男の買ったオールデン990の靴紐は、オーバーラップ(クロスさせながら、アイレットに上から靴紐を入れていく結び方)で結ばれていました。

スポンサーリンク

(3)シューキーパーを入れる

シーキーパーを入れます。

まる男の持っている一番小さいシューキーパーを入れたのですが、それでも丁度いいくらいでした。
シューキーパーはやや小さめを購入する方が、失敗しにくいようです。

まる男はシューキーパーとして、ディプロマットのシダーシューツリーを使っています。

(4)馬毛ブラシでブラッシング

馬毛ブラシ(ホコリ落とし用)で、ブラッシングします。

ほとんどホコリをかぶっていませんが、念のためコバのあたりを中心に、念入りにブラッシングしました。

まる男は、馬毛ブラシとして、コロンブスのジャーマンブラシNo.2を使っています。

(5)クリーナーで汚れを落とす

革靴用クリーナーで、汚れや古いクリームを落とします。
その際、必ずウェスにクリーナーを取ってから、靴を優しく撫でるように汚れ落としします。

たいして汚れていないだろうと思っていました。

写真では分かりにくいかもしれませんが、意外と汚れていました。

まる男は、クリーナーとしてエム・モゥブレィのステインリムーバーを使っています。

(6)デリケートクリームを塗布する

馬毛のペネトレイトブラシを1個しか買ってこなかったので、コロニル1909 シュプリームクリームデラックスは指で塗りました。

特にしわの入る、足の指の付け根にあたる部分には念入りに塗りました。

コロニル1909シュプリームクリームデラックスは、以下で購入できます。

(7)ウェスで余分なクリームを拭き取る

シュプリームクリームデラックスを塗ったら、すぐにウェスで余分なクリームは拭き取ってしまいます。

すぐに拭き取る理由は、どうしてもできてしまう塗りムラがある状態で長時間放置すると、変なシミになったり、ロウ分が固まってしまう恐れがあるためです。
デリケートクリームも靴クリームも、クリームを塗ったらすぐに、ブラッシングかウェスで拭きとるかしましょう。

スポンサーリンク

(8)コードバン用靴クリームを塗布する

続いてコードバン用靴クリームであるサフィールノワール コードバンクリームを塗ります。

このクリームの色は「ダークバーガンディ」ではなく、「コードヴァン」といいます。
コードヴァンと言えばダークバーガンディ、ダークバーガンディと言えばコードヴァンなのです。

コードバンクリームを塗る量ですが、米粒一粒程度をペネトレイトブラシに取って塗っていきます。

塗っている途中で足りなくなったら、同程度を取って塗っていきます。
片足で米粒2~3粒程度で十分塗り広げられます。

「コードヴァン」の色はまさに「ダークバーガンディ」にピッタリの色でした。

まる男の使っているサフィールノワールのコードバンクリームは、以下で購入できます。

(9)馬毛ブラシでブラッシング

コードバンクリームを塗り終わったら、すぐに馬毛ブラシでブラッシングします。

通常靴クリームを塗った後は、豚毛ブラシでブラッシングするものですが、馬毛ブラシを選択しました。
その理由は、豚毛ブラシだとコシが強すぎて、コードバン革を痛める恐れがあるからです。
慎重に、円を描くようにして、ブラッシングしていきます。

まる男が使っているのは、サフィールの馬毛ブラシです。

(10)ウェスで余分なクリームを拭き取りつつ磨く

ウェスを使って、余分な靴クリームを拭き取りつつ、磨いていきます。

スポンサーリンク

(11)グローブクロスで磨く

最後に、グローブクロスで磨きます。
今回は新調したペダックのレザーグローブで磨きました。

ムートン部分が天然の羊毛で、いい感じでした。
逆にヌメ革の方は、まだ硬くて使いずらい感じでした。
今後使っていくうちに、馴染んでくると思います。
ウェスでかなり綺麗に拭き取ったつもりだったのですが、ムートン部分にコードバンクリームが結構付着して、少しあせりました。

まる男の使っているペダックのレザーグローブは、以下で購入できます。

(12)完成

あとは、シューキーパーを外し、靴紐を結べば完成です。

以上、オールデン990のプレメンテナンスについてのご報告でした。

追記:オールデン990の通信販売

通信販売でもオールデン990の新品を購入できるみたいです。

コメント

プロフィール

まる男

靴磨きと麻雀が好きな親父です。
テニス・野球・サッカーなどのスポーツ観戦も好きです。
最近は文房具の収集が趣味になりつつあり、2021年5月5日にYouTubeデビューしました。

まる男をフォローする
タイトルとURLをコピーしました