Perfetto(ペルフェット)とはどんなブランドか

ペルフェット
スポンサーリンク

どうも、まる男です。

新年元旦にPerfetto(ペルフェット)の黒のストレートチップを購入しました。
Perfettoについては、名前を聞いたことがあるくらいで、これまで良く知らなかったので、ちょっとネットで調べてみました。

(1)Perfettoの意味

Perfettoとは、イタリア語で「完璧」を意味します。
英語のPerfectに似ているので、覚えやすいです。
発音も、ローマ字読みでも「ペルフェット」と読めるので、読みやすいですね。

(2)Perfettoというブランド

日本の株式会社ビナセーコーという会社が、2007年にスタートしたブランドが、Perfettoです。
ビナセーコー社は、これまで数々の有名シューズメーカーのOEM生産を手掛けていた会社で、その技術力は高く評価されています。

ビナセーコー社は、グッドイヤーウェルト製法だけでなくマッケイ製法、ボロネーゼ製法、ノルベジェーゼ製法、さらにはハンドソーンウェルト製法といった特殊な製法でも作っているそうです。
Perfettoというブランドでは、国産の他のメーカーよりも洒落た革靴を作っており、ヨーロッパ(特にイタリアやフランス)の各メーカーが作る革靴に引けを取らないものとなっています。

実際、まる男が今回購入した黒のストレートチップも、最初に見たときにはイタリア製なのかと思ってしまいました。

イタリア製の靴は、マッケイ製法で作られたものが多いのですが、Perfettoはグッドイヤーウェルト製法でありながら、洗練されたデザインになっています。
特にコバの出っ張りが、他のグッドイヤーウェルト製法で作られた革靴よりも小さいので、パッと見では、マッケイ製法の靴なのかなと思ったほどでした。

[ad]

(3)Perfettoに込められた思い

「完璧な靴である」というわけではなく、「完璧な靴づくりを目指す」というビナセーコー社の高い思いを、Perfettoという名前で表明しているそうです。

まる男の購入した黒のストレートチップを見ても、細部にわたって丁寧に作られており、完璧とまでは言わないまでも、それに届くようなメーカーの意識がひしひしと感じられるものとなっています。
例えば、革底のような見えないところもヒドゥンチャネルという技法で作られていたりして、作り手の強いこだわりが感じられます。
この価格でこの作りは非常にお得であると感じました。

(4)Perfettoに使われている革

Perfettoに使われている革は、イルチアやアノネイといった、イタリアやフランスの著名タンナー(革のなめし会社)のものであり、他の日本メーカーにはない色気を醸し出しています。

購入した横浜そごうの店員さんもおっしゃっておられたのですが、試着した際にも感じたとおり、結構硬い革靴です。
グッドイヤーウェルト製法の革靴なので、マッケイ製法の革靴に比べて、履き始めは硬く感じるのですが、履き慣れてくると、包み込むような履き心地が得られるそうです。

[ad]

(5)Perfettoの海外展開版「KANPEKINA」

Perfettoの海外展開版として「KANPEKINA」というブランド名で、輸出しているそうです。
そう「完璧な」という日本語読みになります。

海外の革靴の見本市でも高い評価を得ているそうで、日本人としても鼻が高い思いがします。

KANPEKINAで調べてみると、フランスの革靴店のウェブサイトで、595ユーロ~795ユーロで販売されていました。
1ユーロ=120円で換算すると、7万円~9万円代の値段になります。
海外では関税や輸送代がかかるので、日本でのインポートシューズのような値段になっています。

(6)Perfettoのパターンオーダー

Perfettoは、革靴のパターンオーダーもできるとのことです。

革は、イタリアのゾンタやイルチア、フランスのアノネイやデゥプイといった著名タンナーのものから選べるようです。

木型(ラスト)も、既成靴に使われているイタリアっぽいロングノーズな木型の2種類とイギリスっぽいラウンドな木型の2種類から選んで、作ることができるそうです。
まる男のような甲高・幅広の典型的な日本人の足でも、イタリアやイギリスの革靴のようなデザインが選べるのがうれしいですね。

今回は新年からすぐに履ける革靴を探していたので、既成靴を購入しましたが、まる男も時間とお金に余裕があれば、是非パターンオーダーに挑戦してみたいと思いました。

まとめ

今回はPerfetto(ペルフェット)というブランドについて書いてみました。

①Perfettoは「完璧」という意味のイタリア語。
②「完璧な靴づくりを目指す」というメーカーの思いが表明されている。
③高級なイタリア・フランス製の革を使用し、細部にこだわりのある作りになっている。
④海外展開版として「KANPEKINA」があり、高い評価を得ている。
⑤パターンオーダーにも対応している。

以上です。

Perfettoの革靴は、ネットでも購入できます。

コメント

プロフィール

まる男

靴磨きと麻雀が好きな親父です。
テニス・野球・サッカーなどのスポーツ観戦も好きです。
最近は文房具の収集が趣味になりつつあり、2021年5月5日にYouTubeデビューしました。

まる男をフォローする
タイトルとURLをコピーしました