まる男式アウトレット攻略法で御殿場プレミアム・アウトレットに行ってきました。

考察
スポンサーリンク

どうも、まる男です。

有給休暇を久しぶりに取ることができました。
平日の休みなので、ちょっと遠出して、静岡県御殿場市にある御殿場プレミアム・アウトレットに行ってきました。

今回は、御殿場プレミアム・アウトレットのご紹介と、アウトレットで効率的にショピングするまる男式攻略法とあわせて書いてみたいと思います。

(1)御殿場プレミアム・アウトレットとは

御殿場プレミアム・アウトレットは、三菱地所グループの三菱地所・サイモンが運営するプレミアム・アウトレットの日本フラグシップであり、国内最大規模を誇ります。
2000年7月に開業し、2020年で20年の歴史があります。

敷地面積が、422,200平方メートルもあり、東京ドーム8個分というのですから、その規模の大きさが分かります。

約290店舗のショップがあるだけでなく、日帰り温泉施設の木の花の湯や、HOTEL CLADも開業し、まさにショッピングリゾートを具現化しています。

スポンサーリンク

(2)まる男式アウトレット攻略法

まる男式アウトレット攻略法は、以下の6か条です。

1)アウトレットは平日に行き、セール時期は避ける。
2)買うものを決めてから、アウトレットに行く。
3)買いたい商品のあるお店には、到着直後に行く。
4)履き慣れた靴を履いていく。
5)脱ぎ着しやすい服を着ていく。
6)駐車場の配置と開場時間を事前にチェックしておく。

では、順を追って説明していきましょう。

1)平日に行き、セール時期を避ける

土日祝日やセール時期は、人が多すぎます。

ゆっくり商品を確かめたり、ショップの店員さんとお話しすることもできません。
また、新型コロナ感染症対策で、ショップも入場制限をしています。
ショップに入るために並んでいるだけで時間が過ぎてしまっては、何のためにアウトレットに行ったのかわかりません。

アウトレットでもセールがあるのだから、その時の方がお得に買えるのではという方がおられます。
しかし、アウトレットそのものが毎日セールしてくれているようなものなのですから、人が多い時期に行く必要はないと思います。

2)買うものを決めてから行く

アウトレットの敷地面積は広大です。
何を買おうか考えてから行かないと、歩いているだけで時間が過ぎてしまいます。

ふらっと入ったお店に、お得な商品に出会えるかもしれないというのは、幻想です。

また、買うものを決めたら、事前にインターネット等で価格帯を調べておきましょう。
買いたい商品の価格帯を知っていれば、アウトレットの商品価格のお得さが分かるので、満足のいくショッピングが楽しめます。

スポンサーリンク

3)買いたい商品のあるお店には到着直後に行く

アウトレットにはたくさんのお店があります。
御殿場プレミアム・アウトレットの場合、約290店舗もあるので、のんびりしていたら買いたいものも買えずに帰る時間になり、焦って要らないものを買うことになってしまいかねません。

そこで、到着直後に買いたい商品のあるお店に直行し、試着等をしておくことをおススメします。

アウトレットというのは、B級品や廃番品などの超お得な目玉商品があるときがあります。
しかし、そういった商品の在庫が潤沢にあるわけではありません。
到着直後に行けば、そういった目玉商品に出会えるチャンスが増えるでしょう。

お店によっては、夕方まで取り置きしておいてもらえる可能性もあるので、気軽に問合せしてみるのもいいでしょう。

4)履き慣れた靴を履いていく

アウトレットは広々とした郊外にあることが多いです。
特に御殿場プレミアム・アウトレットの場合、山沿いにあるため敷地内の起伏も結構あります。

履き慣れた靴を履いていき、足が痛くならないよう注意しましょう。

5)脱ぎ着しやすい服を着ていく

アウトレットは店舗も広いので、試着するスペースも十分あります。
お得な商品が多いので、あれもこれも試着したいと思ってしまうものです。
そこで、さっと着替えて、試着をスムーズに行うのが、アウトレットでのお買い物の鉄則です。

セーターなどの脱ぎ着しにくい服を着ていくのではなく、女性ならワンピース、男性ならゆったりしたズボンなど、脱ぎ着しやすいものを意識して着ていくようにしましょう。

スポンサーリンク

6)駐車場の配置と開場時間を事前にチェックする

買いたい商品のあるショップがどこにあるかを事前にチェックしておきましょう。
そして、お目当てのショップに近い駐車場に停めるようにすれば、効率よくショッピングを楽しめます。

御殿場プレミアム・アウトレットの場合、4つの立体駐車場があります。

正門の近くにあるのが、P2(第2駐車場)と呼ばれる立体駐車場です。
収容台数は約900台で、開場の1時間前から停めることが出来ます。
場所としてはWEST ZONEの端にあるため、WEST ZONEに買いたいショップがある方は、P2に止めましょう。

EAST ZONEや新しくオープンしたHILL SIDEに近いのが、P7(第7駐車場)と呼ばれる立体駐車場です。
収容台数は約700台で、開場の30分前から停めることが出来ます。
高台にあるので、晴れていれば富士山を一望できます。

御殿場プレミアム・アウトレットの中心部に位置するのが、P5(第5駐車場)です。
昔は収容台数の少ない駐車場だったのですが、立体駐車場が出来て便利になりました。
開場30分前から停めることが出来ます。
平日であれば空いており、どこへ行くにしても一番便利な駐車場なので、ここに停めることをまる男はおススメします。

その他、HILL SIDEに一番近く、日帰り温泉の木の花の湯やHOTEL CLADにつながっているのが、P4(第4駐車場)です。
まる男は停めたことが無いのですが、立体駐車場が新しくできたようです。
ホテルや温泉にも行きたいのであれば、P4はもってこいだと思います。

その他、土日祝日に開場する場外駐車場があり、シャトルバスを利用することになります。

ちなみに、御殿場プレミアム・アウトレットの場合、駐車場は無料です。

まとめ

今回は、御殿場プレミアム・アウトレットと、まる男式アウトレット攻略法をご紹介しました。

アウトレットの攻略法は、人それぞれ考え方があるかと思いますが、皆様のご参考になれば幸いです。

 

コメント

プロフィール

まる男

靴磨きと麻雀が好きな親父です。
テニス・野球・サッカーなどのスポーツ観戦も好きです。
最近は文房具の収集が趣味になりつつあり、2021年5月5日にYouTubeデビューしました。

まる男をフォローする
タイトルとURLをコピーしました