LAVIE NEXTREME Carbon PC-XC750/DABを購入しました。

日用品

どうも、まる男です。

これまで使っていたノートパソコンLAVIE Hybrid ZERO HZ650/Dのキーボードの「A」キーが反応しにくくなり、BluetoothやWiFiの接続も怪しげになってきたことから、ストレスを感じるようになり、新しいPCを探していました。
そしてついに、NEC製ノートパソコンLAVIE NEXTREME Carbon PC-XC750/DABを購入いたしました!

今回は、新しいノートパソコン購入までの顛末を、皆様にご報告したいと思います。

スポンサーリンク

1.まる男が求めるパソコンの要求仕様

デスクトップパソコンとノートパソコンのどちらを取るかと言われると、まる男は断然ノートパソコンを取ります。

デスクトップのメリットは比較的高性能のパソコンが安く手に入るということです。
しかし、デスクトップのデメリットとして、場所をとるという点が挙げられます。
この点が、まる男にとっては最大のデメリットで、書斎があればいいのですが、そんなものはありません。

ノートパソコンであれば、場所をとらず、持ち運びもできます。
書斎のないまる男にとっては、選択肢は一つしかないのです。

ノートパソコンでも、15インチクラスの大画面タイプもありますが、パソコンを持って部屋を移動したりすることもあり、持ち運びやすさという点で劣ります。
それに加えて、外出先でパソコンを使いたいと思うこともあり、14インチ以下で軽量(1kg以下)の、いわゆるモバイルノートで探していました。

また、動画編集の際にフリーズしたりして困っていたことから、メモリ容量と高速CPUを搭載したモデルを選びたいということで、メモリ16GB以上、CPUはCore i7クラスで探すことにしました。

SSDの容量は、これまで使っていたLAVIE Hybrid ZERO HZ650/Dを1TBのSSDに換装していたことから、可能であれば1TBと思っていました。
しかし、そのようなノートパソコンはめったにお目にかかれず、非常に高額です。
そこで、ここは妥協して、SSD容量は512GBを条件としました。

それに加えて、これまでのLAVIE Hybrid ZERO HZ650/Dは、キーボードのキーストロークが1.2mmしかなく、打ち間違いを何度も繰り返してしまい、非常にストレスを感じていました。
次に買うノートパソコンは、「絶対にキーストロークが1.5mm以上のものにしよう」と心に誓っていました。

液晶画面としては、LAVIE Hybrid ZERO HZ650/Dは、グレア液晶を採用しており、外出先や窓際に座ると、映り込みが気になっておりました。

その他、キーボードの左上の「半角/全角」キーがある程度大きいもの、矢印キーもできるだけ大きいものも、要求仕様としていました。

日本語入力の切り替えをする際に、左上の「半角/全角」キーを頻繁にたたきます。
LAVIE Hybrid ZERO HZ650/Dは、このキーが通常のキーよりも小さく、何度も打ち損じていました。

また、ゲームをしたり、マウスをできるだけ使わずに入力しようとすると、どうしても矢印キーを叩く機会が増えます。
矢印キーが小さいモバイルノートパソコンが驚くほど多いのですが、本当にキーボードを叩いて実運用試験したのかと、不思議でなりませんでした。

その他、キーボードのエンターキーの横にボタンが無いという条件も必須です。
これも打ち間違いを防止するためです。

以上から、14インチ以下、キーボードのキーストローク1.5mm以上、「半角/全角」キーと矢印キーが大きく、エンターキーの横にボタンが無く、ノングレア液晶、メモリは16GB以上、CPUはCore i7クラス、SSD容量512GBのモバイルノートというのを、まる男の要求仕様としました。

スポンサーリンク

2.インターネットでのパソコン検討

最初は、13.3インチのノートパソコンで探しており、インターネット通販で購入したほうが安いだろうと考え、以下の富士通WEB MARTのFMV LIFEBOOK UHシリーズ WU2/G2を狙っていました。

Office無しモデル

Office付きモデル

重量は865gで、最軽量の634gモデルに劣りますが、バッテリーが29.5時間と長時間持つのが気に入っていました。
キーボードの矢印キーが、通常のキーより少し下のくぼませた位置にあり、キー入力のしやすさを考えた富士通らしいモデルだと思っていました。

直販モデルではない通常モデルとして、FMV LIFEBOOK UH-X/G2 FMVUXG2Bというのがあり、OSやバッテリー容量・駆動時間などが異なりますが、直販モデルと同じ筐体を使っているようでした。
そこで、FMV LIFEBOOK UH-X/G2 FMVUXG2Bを、ヨドバシカメラに実機を見に行くことにしました。

3.ヨドバシカメラにて

ヨドバシカメラのパソコンコーナーで、FMV LIFEBOOK UH-X/G2 はすぐに見つかり、キーボードを打ってみたりして、感触を確かめていました。

なかなか良さそうだなと思っていたのですが、店員さんと話をしたところ、富士通のLIFEBOOKは軽量化の結果、筐体の剛性感が不足しているとの指摘がありました。
実際に液晶の裏面や、キーボードレスト部分(タッチパッドの横)を押してみると、ほかのノートパソコンより撓(たわ)んでしまっているように思えました。

そこで、店員さんがおススメしてきたのが、Dynabook G8/VL P1G8VPBLでした。

確かに、MIL規格に準拠したテストに合格しているだけあって、軽量でも剛性は十分に感じました。
ところが、キーボードの「半角/全角」キーが小さく、かつ矢印キーも上下が非常に小さいものでした。

そのことを店員さんに話すと、それならばと紹介されたのが、NEC製のノートパソコンであるLAVIE NEXTREME Carbon PC-XC750/DAシリーズでした。

LAVIE NEXTREME Carbon PC-XC750/DAは、色が2種類あり、ペールゴールドと呼ばれる白っぽい金色タイプとメテオグレーと呼ばれる濃い灰色タイプがあり、店頭ではペールゴールドが展示されていました。

ペールゴールドはこちら

メテオグレーはこちら

しかも、LAVIE NEXTREME Carbon PC-XC750/DAは、14インチ液晶と画面が大きいにもかかわらず、313(W)×218(D)×17.5(H)mmと、13.3インチ液晶のLAVIE Hybrid ZERO HZ650/Dの319(W)×217(D)×16.9(H)mmよりも、横幅が6mm短く、ほとんどサイズが変わらないのです。

まる男は決心しました。これにしよう、と。

ところが、価格が税込24万円台で、10%ポイント還元があっても実質22万円で、まる男の予算的には厳しいレベルでした。

そのため、インターネット等で探して、安くなるのを待つかと思っていました。
これが、8月ごろの話です。

スポンサーリンク

4.もう一度ヨドバシカメラにて

11月下旬に、電池を買うためにヨドバシカメラに行きました。
この時のインターネットのLAVIE NEXTREME Carbon PC-XC750/DAの価格は、最安値でも税込20万円弱でした。

久しぶりにパソコンコーナーにでも行くかと思い立ち、行ってみると、前までLAVIE NEXTREME Carbon PC-XC750/DAが売っていたところにありません。
パソコンコーナーの中のパソコンの配置が、大きく変わっていたのです。

「何だか、迷子になりそうだな」と思いながら、モバイルノートパソコンのコーナーを見つけてLAVIE NEXTREME Carbon PC-XC750/DAを探しました。

ありました。

その時、まる男は目を疑いました。

Core i5のPC-XC550/DAが税込み23万円台でした。

その隣に、Core i7のLAVIE NEXTREME Carbon PC-XC750/DAが売っていました。

税込210,020円

・・

・・・

えっ!?

ポイント10%付与!?

・・

・・・

すぐに店員さんに確認しました。

「どうして、Core i7のほうが、Core i5より安いんですか?何かの間違いでは?」と聞いてみました。

すると、店員さんはにこやかに「価格COMとかAmazonのインターネット通販価格や、他店の価格に対抗していたら、より売れているCore i7のLAVIE NEXTREME Carbon PC-XC750/DAのほうが安くなっていって、逆転現象が起こってしまったんですよね。店にとっては赤字なんですけどね」と回答してくれました。

「すみません。取り置きしておいてもらえますか?」と言って、店員さんの名刺をもらい、一旦店舗を出ました。

5.ビックカメラにて

何だかふわふわした感覚で、ビックカメラに行きました。

LAVIE NEXTREME Carbon PC-XC750/DAを探すと、やっぱり税込24万円程度の表示価格でした。

ビックカメラの店員さんに、ダメもとで「もっと安くなりませんか?」と聞いてみました。

「2万円引き程度なら可能ですよ」との回答でした。

さらにダメもとで、「ヨドバシカメラで、210,020円だったんですが、どうですか?」と聞いてい見ました。

「わかりました。税込22万円ピッタリでどうでしょう。これ以上は無理ですよ」という回答がありました。

どうやら、ビックカメラの店員さんは「220,020円」と聞き間違えたのかもしれません。

まる男はビックカメラを後にしました。

スポンサーリンク

6.再びヨドバシカメラにて

名刺をもらった店員さんを呼ぶと、にこやかに「よく戻ってきてくださいました。取り置きした1台が在庫の最後ですよ。どうされますか?」と言ってくれました。

「最後の一台・・・」

いい響きです。

「買います。」と答えてしまっているまる男がいました。

まとめ

税込24万円台で10%ポイント還元でも22万円弱にしかならなかったLAVIE NEXTREME Carbon PC-XC750/DAでしたが、税込21,0020円の10%ポイント還元で実質189,018円で購入することができました。

3万円も値下げされ、インターネットの価格コムの当時の最安値である20万円弱より1万円も安くなることなんてあるんですね。

非常にラッキーなまる男でした。

その他

インターネットでも価格変動が激しいのが、LAVIE NEXTREME Carbon PC-XC750/DAという機種のようです。
価格チェックは欠かさず行いましょう。

ペールゴールドはこちら

メテオグレーはこちら

コメント

プロフィール

まる男

靴磨きと麻雀が好きな親父です。
文房具の収集が趣味で、2021年5月5日にYouTubeデビューしました。
あまり無理をせずに、ゆっくりとブログを更新していけたらと思っております。

まる男をフォローする
タイトルとURLをコピーしました