カヴェコ スペシャル ペンシル 0.5 ブラックを購入しました。

日用品
スポンサーリンク

どうも、まる男です。

先日購入したHERGOPOCH(エルゴポック)のペンケースには、ペンを3本程度しか入れられません(無理をすれば7本くらいは入りますが)。
必然的に、本当にお気に入りと言えるようなペンのみを入れることになります。

これぞお気に入りと言えるシャーペンを探していたところ、ついに見つけたのが、カヴェコ スペシャル ペンシル(Kaweco Special Pencil)の0.5mmでした。

今回は、そのカヴェコ スペシャル ペンシルの開封の様子と、書き心地をご紹介したいと思います。

(1)カヴェコ(Kaweco)とは

カヴェコ(Kaweco)は、ドイツの筆記具ブランドで、1883年にドイツのハイデルベルグで創業しました。
1976年に一旦会社としては無くなったのですが、1995年にドイツ・ニュールンベルグのグットバレット社により復刻されました。

まる男が購入したシャープペンシルだけでなく、万年筆やボールペンもラインナップしており、筆記具通の中で高い人気を得ているブランドです。

(2)開封の儀

今回まる男が購入したのは、カヴェコ スペシャル ペンシルの0.5mmのブラックPS-05です。

こんな外箱に入っています。

横から見るとこんな感じです。

外箱を外すと、缶製のペンケースが出てきます。
Kawecoの文字が、立体的に浮かび上がっており、贅沢感満載です。

ペンケースを開けると、こんな感じです。

シャーペン本体、取扱説明書、保証書の他に、カヴェコのロゴのステッカーも入っていました。

ペンケースから出してしまった後なのですが、シャーペンは以下のように斜めに入っていました。

取扱説明書には、カヴェコの歴史が記載されていました。

取扱説明書では、PUSH PENCILと記載されており、Mechanical Pencilではありませんでした。

シャーペン本体を取り出しました。
長さ約141mm×径約10mmで、少し太めの8角形の形状です。

Kaweco Special 0.5までは筆記体で、Germanyはブロック体で刻印されています。

カヴェコ スペシャル ペンシルにはクリップは付属しておらず、別売りになっています。

先端は、2mmほどの長さのステンレスパイプが付いています。
落っことして曲げてしまわないように注意しなければなりません。

8角形の形状が手によくなじみ、非常に持ちやすいです。
また、15g程度なので、見た目より軽いです。

芯を出すためのプッシュ(ノック)部分に嵌められた(象嵌された)ロゴマーク入りの天冠がカッコいいです。

ペンケースの上に置いてみました。いい感じです。

(3)カヴェコ スペシャル ペンシルの書き心地

正直言って、書き味の滑らかさに、驚きを禁じえませんでした。
税抜き5,000円という金額が書き味をよく感じさせているのかもしれません。
しかし、この書き味を知ってしまった後には、他のシャーペンが安っぽく、つまらないもののように感じてしまいます。

先端側に重心があるので、たくさん筆記しても疲れにくく、紙に吸い付くような感覚が味わえます。

カヴェコ スペシャル ペンシルにはクリップが付属していないのですが、その理由としては、クリップ部分が手に当たるのを避けるためと、もう一つ重心バランスがクリップによって上側に移動してしまうのを嫌ったためと思われます。

まる男の場合、ポケットに入れて持ち歩くことは無く、クリップは必要ないので、そのままの状態で使用するつもりです。

また、芯を出すためのプッシュ部分を押した感触も、カシャという音も、非常に高級感を感じてしまいます。

さらに、芯を出しすぎたときに、先から芯を引っ込める際の硬さ(締り度合い)も丁度良く、非常に精巧に出来ているなと思いました。

シャーペンはほぼ毎日使うので、その度にいい書き味だなと思えるものを使うと、毎日が楽しくなると思います。

まとめ

毎日使うシャーペンを変えるだけで、これほどまでにストレスフリーになるとは思ってもいませんでした。
カヴェコ スペシャル ペンシルは、本当におススメできるシャーペンです。

追記

カヴェコ スペシャル ペンシルは0.5mmの他に、0.7mmと0.9mmと2.0mmがあります。

また、ブラック以外にブラスと呼ばれる真鍮製で黄金色のタイプがあります。

 

コメント

プロフィール

まる男

靴磨きと麻雀が好きな親父です。
テニス・野球・サッカーなどのスポーツ観戦も好きです。
最近は文房具の収集が趣味になりつつあり、2021年5月5日にYouTubeデビューしました。

まる男をフォローする
タイトルとURLをコピーしました