格安SIM各社を紹介します(エキサイトモバイル編)

どうも、まる男です。

格安SIM各社を紹介するシリーズの第9弾です。

今回は、エキサイトモバイル を紹介したいと思います。

1.エキサイトモバイルとは

エキサイトモバイル は、エキサイト株式会社が提供する格安SIMブランドです。

エキサイト株式会社は、元々米国法人Excite Inc.の日本法人として検索エンジンサービスとインターネット広告を行う会社でした。
ところが、Excite Inc.を買収した会社が経営破綻し、伊藤忠商事株式会社の子会社になりました。
その後、XTech HP株式会社による株式公開買付け(TOB)により、同社の完全子会社となっています。

エキサイト株式会社は、ポータルサイトの運営だけでなく、ブロードバンド接続サービス等でも有名な会社です。

エキサイトモバイル は、NTTドコモとauの両方の回線をレンタルしており、どちらかの回線タイプを選択できます。
2つの回線から選べるので、乗り換え時に元のキャリアと同じ回線を選べば、そのままの端末で同じように使える可能性が高まります。

また、エキサイトモバイル では、バースト転送と呼ばれる機能があります。
バースト転送というのは、低速データ通信でも初めの一定量だけ高速データ通信できるというものです。
これにより、容量を超えて低速データ通信になった場合に、動画は厳しくなっても、テキストベースのネットを閲覧する程度であれば、ページ読込が進まないといったことが少なくなります。

エキサイトモバイル の唯一の弱点は、2022年5月7日時点で5G対応していない点です。
まだまだ、エリアが狭い5Gですが、対応していないというのは寂しい限りです。
今後、5G対応してくれることを期待しましょう。

2.エキサイトモバイルの料金体系

エキサイトモバイル は、従量制のFitプランと定額制のFlatプランの2種類があります。
以下の表は、2022年5月7日時点の税込の月額利用料です。

データ容量Fitプラン(従量制)Flatプラン(定額制)
低速通信のみ495円660円
~3G880円1210円
~7G1430円1650円
~12GB1980円
~17GB2750円2068円
20GB3245円
25GB2970円

まる男は、10GB程度使うので、容量12GBまで定額制Flatプランである月額税込1650円が良さそうということになります。
これであれば、3GB~20GBでは税込2178円/月の楽天モバイル と比較して528円も安くなります。

また、エキサイトモバイル は、追加SIM(1契約最大5枚)を申し込めば、データをシェアすることができるサービスがあります。
これをうまく使いこなせば、月額利用料を大幅に安くすることが可能なのです。

例えば、家族3人で4GB+4GB+3.5GB=11.5GB使うとすると、楽天モバイル では税込2178円/月×3=6534円/月かかります。

ところが、エキサイトモバイル では、一人が容量12GBまでの税込1650円/月とし、追加SIM(税込528円/月)を2枚申し込めば、1650円/月+528円/月×2枚=2706円/月で済んでしまいます
すなわち、楽天モバイル よりエキサイトモバイル の方が、税込3828円/月も安くなるのです。

さらに、音声通話料が税込11円/30秒となるエキモバでんわというのが初めからセットされています。
利用するのに申し込みが必要なので注意が必要ですが、通常より音声通話量が半額になるので是非申し込むべきだと思います。

3.エキサイトモバイルが向いている人

追加SIM最大5枚を家族6人でデータシェアするということが出来る人であれば、信じられないほど安くすることが出来るのではないでしょうか。

すなわち、主契約を25GBとし、家族それぞれが4GBまで使うようにデータをシェアすれば、25GBのFlatプランの税込2970円/月+追加SIMの税込528円/月×5枚=税込5610円/月となります。

6人家族で全員が4GBまで使えて、税込5610円/月ですよ!
びっくりじゃないですか。

これほどまでに安くなる格安SIM会社は他にないと思います。

まとめ

大家族であればあるほど、スマホ料金が大幅に安くなる可能性があるのが、エキサイトモバイル です。
選択肢の第一候補に躍り出る格安SIMサービスだと思います。

 

コメント

プロフィール

まる男

靴磨きと麻雀が好きな親父です。
文房具の収集が趣味で、2021年5月5日にYouTubeデビューしました。
あまり無理をせずに、ゆっくりとブログを更新していけたらと思っております。

まる男をフォローする
タイトルとURLをコピーしました